寺島みどり 個展
Endless Garden


Midori Terashima: Endless Garden


会場:HRDファインアート
会期:2021年6月12日〜7月31日
時間:木曜日 11:00〜15:00 / 金・土曜日 11:00〜19:00
休廊:日・月・火・水曜日(事前のアポイントにより観覧可能)
展覧会概要

HRDファインアートでは6月12日から7月31日までの会期で、絵画作家・寺島みどりの個展「Endless Garden」を開催します。京都では11年ぶりの個展となり、HRDファインアートでは2016年の二人展「ヤミ」以来5年ぶりの展示、また個展は初の開催となります。

寺島みどりは1972年京都生まれ、1998年京都市立芸術大学大学院修了。自然の風景や植物などのイメージを起点に、油彩ならではのダイナミックな筆触を生かした、広がりと奥行きのある空間感覚を備えた大画面の抽象絵画に取り組み続けています。また、平面制作にとどまらず、展示空間全体をひとつの絵画として提示するインスタレーションなどにも精力的に挑んでいます。

本展は、デカルコマニー(転写)の技法を取り入れた作品や、円形のキャンバスを用いた作品など、近年の国内未発表作を中心に、抽象絵画の可能性を追究しながら変化を続ける寺島の制作の現在地点を指し示す展示となります。

* * * * *

アーティストからのメッセージ

家のベランダには3種のバラがある。そのうち2つは切り花を根付かせたもの。3種全て花の色や香りも違うし、葉の質や棘の柔らかさも違う。触れるごとに手を傷つけられるが、風の強い日には自分の棘で自分の葉を傷つけたりもする。その他にあるのは、レモン、ゆず、シークワーサー、アメリカンチェリー、びわ。最近マンゴーも加わった。そういえば10歳くらいのアボカドもある。果樹はすべて果実を食べた後に種から芽吹かせたもので、剪定したり肥料をやったり虫を取り除いたり、色々と世話をする。

ベランダのこの空間は私の庭だ。庭は区切られて庭となる。そして区切られているからこそ注視し、尽きぬ物を見出すことができる。まるで絵画のようだなと思う。私は庭の中でずっと遊んでいる。そこには存在という永遠が生きている。私の作品もそのようになりたい。 (寺島みどり)
展示作品(一部)

"Brown and Red" | 油彩/キャンバス | 100x80.3cm | 2019年

"Rainbow and White" | 油彩/キャンバス | 91x72.7cm(2点組) | 2019年

"Flora Silver" | 油彩/キャンバス | 50x50cm | 2018年
Copyright (C) 2009-2021 HRD Fine Art. All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.